2017年11月02日

涸沼のイブニングシーバス

好天の本日午前中は庭の芋掘り・・

http://since-heisei-20.seesaa.net/?1509620489

そして一日のルーチンを3時までに終了して・・

午後3時50分自宅出発。

ホントは海まで行きたかったので、タコ、ショアジギ、シーバス

の3種類のロッドを準備して釣り場に向かうが・・・

夕暮れが予想より早い・・・海は無理か・・・

やむなく行き先を涸沼に変更して広浦に到着。

シーバスロッドを用意して、ベイトの様子をうかがうと・・・

確かにイナッコらしきベイトが多数。

キャンプ場の小さな流れ込みでキャストを開始するが・・・

シーバスらしき気配がない。

・・・・にしても夕暮れがきれいなので写真を撮りながら

KIMG0677.JPG

・・・筑波山

KIMG0680.JPG

湖面に映る飛行機雲・・・

KIMG0683.JPG

チョットホテルカリフォルニアっぽい?

キャンプ場からの眺め・・

等と遊んでいたが・・・・

なんか少し上流側が騒がしい。

隣の釣り人を遠巻きにパスして50Mほど移動。

こちらばベイトが岸寄りに群がり、ルアーにも

反応して逃げ回る・・・

もしかして、シーバスに追われている群れか?

派手なボイルはないものの、何か水面がざわついている

・・・・所の先に・・・キャスト・・・・

リールを数回転・・・で・・・・・ゴツンッ・・・

ヒット。

先日のシーバスほどではないにしろ、エラ洗いを繰り返す

魚は、まさしくシーバス。

暫らく引きを楽しんだ後、岸にずり上げて写真どり、計測

1509616289356.jpg

・・・そしてリリース

居付きっぽい53㌢の少々小ぶりな魚でした・・・

時間は5時。

すっかり日の落ちた湖面にルアーを投げ続けるが・・

時々起きるボイルを狙うが・・・・ノーヒット。

すっかり暗くなった6時納竿となりました。

台風の後、数度来てはいたのだが、余りの増水にテンション

が上がらず、竿も出せなかった。

つくずく、釣場の条件が重要だと思い知らされた最近の釣行

でした・・・
posted by gemini_1961 at 20:32| Comment(2) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

2017航空観閲式…27日練習編

期待していた休暇も無事?・・・終了

毎日が雨三昧で何も出来ず。

22日に予定されていた閲覧式の予行練習も

台風の影響で・・・・当然・・・中止。

休み明けて出勤の準備をしていた26日、百里の

方が騒がしい?

なんと、前日にブルーが来たらしく・・・

もしかして急遽予行が決行?

案の定、各種機体の航過飛行含めブルーのフライトも

実施されたらしく、ネットは大賑わい・・・💦

でもって、本日は一日置いての休日・・・

悔しくてたまらず、休日ルーチンを早々にこなし

朝10時百里へ出発、足は当然バイクを使用。

こんな時間に行こうものなら、車を止めるスペース探し

で貴重な時間をロスしかねない、その点バイク(125cc)

ならちょいと失礼で隙間に放り込める。

通称、山川門ポイントにバイクをねじ込み、撮影準備。

ちょうどランウェイをF2、F4、F715が2機ずつタキシング

ってことは、機動飛行開始?

排気音とともに最初に飛び出したのは『F4』・・

そして・・・『F2』・・・いきなりハイレートクライム。

しっかりベイパーまで引いて垂直上昇から頂点でロール・・

派手にかましてくれました・・・で『F15』もテイクオフ。

先日の事故のせいかF4は少々おとなしめ・・・のフライバイ。

・・・でもって何かやらかしそうな『F2』

IMG_2068 (2)_1.jpg

目の前でいきなりひねってのブレイク・・・

そして機動飛行・・・

IMG_2101_1.jpg

完全に逝っちゃてます。

最後に大御所の『F15』

IMG_2271_1.jpg

でこの方たちも負けじとど派手にブレイクかまして

IMG_2309_1.jpg

ベイパー引いて大暴れ・・・

で・・・こんなミッションがあった後・・・

先ほどから英語の無線がはいいては来ていたのだが・・・

なんと・・・

IMG_2332_1_1.jpg

米海兵隊(たぶん)の『オスプレイ』の登場・・・💦

そんなこんなで午前の部は終了・・・したが。

このポイント・・・実は午前中は逆光ポイント。

式典に合わせて飛行すると、当然一番近くで見られるのだが

案の定画像はものの見事に逆光状態。

でもまあ、結構レアなものまで見れたし、機動飛行は堪能

出来たし、良しとするか・・・

ところで、本チャンの29日・・・

天候はあまりよろしくなく。ブルーも期待薄。

昨日の予行は逃しましたが、貴重な一日だったのかもしれません。

posted by gemini_1961 at 17:35| Comment(2) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

初めてのシーバス?

例によって季節はずれの夏休み。

台風の影響もあって空は雨模様・・・・

天候の回復を待ってもいられず、釣りに出かける。

今日のお目当ては・・・・ちょっと背伸びして

シーバス。

餌釣りなら何度も釣っているのだが、ルアーでの釣り

では、全くのボウズ続き・・・

数年前に購入したシーバスロッドとリールのセットも

お蔵入りの状態。

せっかく一週間の休みがあるのだから何とかこの期間に

一匹釣る・・・のを今回の休暇の目標にして釣行に至った

次第・・・

朝10時過ぎ自宅出発・・・

まずは先回ハゼ狙いの時にかなりのボイルがあった涸沼の

広浦周辺をチェック。

ベイト全くなし、当然ボイルの気配もない。

覗くだけで、次の目的地、大洗駅近くの公園裏の涸沼川へ

・・・流れビュンビュンで、シジミ取りの船が数隻・・・

当然ここもボツ。

やむを得ず、第二ターゲットの『タコ』狙いで大洗港へ向かうが

明太パーク裏は、もろに工事中。

第四ふ頭へ向かうが、こちらは馬鹿でかいサンフラワーが接岸中💦

釣る場所が全くない・・・・

やむなく引き返し、今度は涸沼の網掛公園に・・・・全くベイト無し。

・・・しばし休憩・・・・

流れの止まった大洗駅裏の涸沼川がどうしても気になり(この辺は

干満に2時間の遅れがあり、潮どまりがチャンス)・・・

暫らくルアーを投げ続けるが魚の気配無し・・・

再度ベイトを求めて涸沼本湖へ・・・

広浦・・・・あいかわらず・・・ベイト無し・・・

湖岸に沿った細い道をゆっくりと流すが、時々見える涸沼には

魚の気配は全くなし。

あんまり期待せずに寄った親沢公園は・・・・ベイトの気配あり。

が・・・キャンプ場にはテントが一張り・・・・

キャンパーがいるときはその場を外すのがここの暗黙のルール。

時刻は午後2時、親沢の鼻の右側に移動してルアーをキャスト・・・・

ベイトらしいイナッコが数匹跳ねる中の3投目・・・・

よそ見しながらリーリングしていると、いきなり『ゴンッ』

反射的にアワセをくれると、ゆるめに設定してあったドラグ

が滑り出しラインが出ていく・・・

初めてのヒットということもあり、魚の大きさがよくわからず

少しそのまま様子を見てみるが、この調子ならリールを巻けそう

なことに気が付き、リーリング開始。

結構沖目で、障害物皆無の状態でヒットしたこともあり、十分

引きを楽しみながら寄せてくるが、ドラグの設定が弱過ぎる。

チョット魚がしめ込むと、簡単に糸が出ていく・・・

徐々にドラグを締め、竿さばきで対応できるまで引きを楽しみ

最後は砂浜にずり上げる・・・・

上がったシーバスは60㌢オーバーの腹パンのきれいな魚。

1508487227147.jpg

写真を撮ったあとリリースとなりました。

その後1時間ほど釣り続けるが・・・・結果はノーバイト。

雨も降りだした午後3時納竿となりました。

今回の使用タックルは

ロッド・・メジャクラPEエボ 9f6i ⅯⅬ
リール・・ダイワレガリス3000H
ライン・・PE1.5+ナイロン20£
ルアー・・マグネットシステム F

初めてルアーで釣った『シーバス』はさすがに海の魚。

雷魚やバスとは異なる釣味に十分満足・・・

休暇中あと何回釣りに出かけられるか、果たしてヒットは

あるのか・・・

単なる、マグレ・・・にはしたくない結果となりました。








posted by gemini_1961 at 18:49| Comment(4) | セイゴ | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

2017涸沼ハゼ釣り

台風明けの穏やかな天気の中・・・

彼岸も近く、午前中はお墓の掃除。

庭の畑をちょっと耕し、石灰、化成肥料を撒いて

秋撒きの野菜の下準備・・・

昼食をとって、時間は午後1時。

今年は好調らしい涸沼のハゼ釣りに出かける。

今年は初めてのため、湖岸沿いに狭い道を走るが

・・・・全く釣り人の姿はなし。

やがて自然公園を過ぎ、本命と見た広浦漁港へ到着。

エサを購入して(結構高い、これで500円?って感じ)

場所を探すが、防波堤を含めて満員・・・

秋の月のキャンプ場に車を止めて場所を探すと・・・・

ボート置き場に若干の空きスペース。

時間も時間だし、これからの出船もなさそうなので、ここで

釣り座を構える・・・

1505816792189.jpg

正味2時間ほどの予定なので、磯竿1号3mを二本

イスと、水、ケーキの発泡に仕掛けを突っ込んだお気楽

仕様・・・・

胴付き仕掛けに浮きを付けるワカサギ釣りスタイルと

全遊動の中通し一本針仕掛けの二本を投入・・・

・・・・アタリは・・・・めちゃある・・・

はっきり言って一投に一回、当たらなければ餌がない。

くらいに凄い・・・

ただし・・・・型は10㌢ほどが多く、かかりはすこぶる

悪い。

餌付け・・投入・・・ズル引き・・・アタリ・・・アワセ

を繰り返す。

二時間後・・・餌切れもあり納竿を決定・・・

家に帰って数えると・・・結構釣ったように思えた

ハゼは・・・全部で24匹。

この大きさでは天ぷらは無理そうで・・・・

腹開きの後、から揚げとなりました

1505816775850.jpg

頭まで割ったためか、骨までやわらく揚がり、家族にも

好評・・・・

ということで・・・・

これから出かけるかたに・・・

竿は柔らかめがよさそう、ルアーロッドや投げ竿ではアタリ

が取りずらく、食い込みが悪そうな感じ。

えさも青イソで十分だが、たらしは短く、長めはばらしが多い。

上げ潮時は意外とそばに寄ってきており、延べ竿の浮き釣り

が手返しもよさそうで数釣が出来るかも・・・

遠投の必要はなく、錘2~3号のチョイ投げで十分。

ただし、ハゼ好調の情報も多く、平日でも釣り場は混雑。

県外組も多いせいか、納竿時間は早そうなので、夕方の

ワンチャンス狙いが正解かもしれません。

これからが彼岸ハゼの本格シーズン、まだまだ楽しめそうな

涸沼でした。
posted by gemini_1961 at 20:28| Comment(2) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

マイ・オールド・タックル・・・フライタックル編

最近めっぽう厳しくなった釣果・・・

秋の夜長、昔使ったタックルを引っ張り出して懐かしむ

・・・・のも一興かと・・・

30数年前、学生時代は磯釣りが多く、遠征費用がかさみ

どうしても手が出なかった釣り・・・

フライフィッシング。

就職して初めての冬のボーナスをつぎ込むことにして

ショップに通いつめ、揃えたタックル・・・15万円💦

解禁まではひたすらキャスト練習を繰り返し、ようやく

解禁。

結果はボウズ。

この時のタックルがロッド、G・ルーミスFR964IMX-LITE。

         リール、AXSCO-RIVUS-1。

1505137967421.jpg

大中小河川はもとより管釣りまで酷使した結果・・・・

やはりパワー不足を感じたのと、国産品でも安価でよさそうな

タックルが出回り始めたため新調したのが

ダイコー、EXETER EF-590とダイワLOCHMOR-X200.

ロッドのグリーンのブランクとちょっと固めなアクションが

気に入りブレーキが付いたリールをセット。

1505137981248.jpg

ルーミスより安価である安心感もあり、とにかく本流や

ニジマス交じりの管釣りで使い倒す。

そんな中、赴任先で通い詰めた天然ヤマメのいる小河川。

広葉樹の中、ゆったりと流れる穏やかな渓相で

平均20㌢ほどのヤマメを相手にするのに最適な

竿を探していると・・・・

なんとしても気になるロッドが・・・

テンリュウFATES THE OIKWA 702とUFM KANTATA2100.

1505137996102.jpg

手に取った実感は、こんな細くてだいじょぶか???

という心配をよそに・・・・

とにかく軽くて小河川では必ず最初に取り出したセット。

本来のオイカワには未使用ながら引きを楽しむには最高の

ロッド。

そして最後は・・・

バンブーのAmbre star76 #2/3。

1505138009227.jpg

栃木?だったかの通販ショップから取り寄せた未完成キット。

2~3番ラインとのことだが、超スローテーパーのこのロッド

2番でもやっとこさ・・・・

カーボン素材のような雑な扱いは受け付けず。

きちんとしたキャストをしないと、すぐラインが失速・・

という厄介者。

ただし、魚さえかけて(それさえも結構しんどい)しまえば

極楽感満載。

本流ショートレンジで20センチクラスのヤマメを相手する

には至福の一本。

ちなみにリールはKNTATAの併用でした。

1505138025752.jpg

上からバンブー、オイカワ、ルーミス、エクゼター。

まだまだ現役のタックル達、使わなければもったいない

・・・・とは思うのですが、最近の荒っぽい釣りもまた面白く。

暫らくは観賞用のホビーと化しそうです・・・・







posted by gemini_1961 at 00:12| Comment(2) | その他 | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

出ました・・・今季2匹目の雷魚。

先日の釣行でのバラシの記憶も冷めない中・・

ようやく活性の出てきたО池へ・・・

本日は用事を済ませた1時過ぎ自宅出発。

まずはいつものパターンを変更。

バラシのあった、上流部分から釣りスタート。

怪しげな影は何度か見たもののフロッグへのアタックは

全くなく、いつもの葦原へ・・・・

ここでもカエルのアタックさえなく、全く静かな時間が

過ぎていく・・・・

場所はあんまり期待できそうにない下流のオープンへ。

いつもならテキトーに探るのだが、今日はなぜか気合十分。

葦際をラインストックを左手に持ち、ザリガニルアーで探り

続けると・・・・

竿先には感じないほどのツンッ・・・・

がラインをつまむ左の指先に・・・・

ラインを離し、竿先を注視すると、ラインは引き込まれ、さらに

竿先も引き込まれだす。

先日のバラシが脳裏をかすめ、おのずと慎重に・・・・

さらに竿先を送り込むと、今度は結構な重量が竿から感じられだす。

ここは一発、気合を入れて思い切り・・・ガツンッ・・・

今日は完全にフッキングしたようで、魚の重量感と抵抗が猛烈に

感じられる。

最初はバスかと思ったが、激しく暴れる様はまさしく雷魚。

泳ぐことなど完全に忘れ、水しぶきをあげながら大暴れを繰り返す。

ブッコ抜こうかと思った竿さばきは完全に失敗。

やむなく、葦際に誘導してずり上げを決めたが、今度はラインが

葦に絡まり微動だにしない・・・

葦をかき分けよーく見ると、魚は目の前、体を半分岸に乗り上げ

大人しくしている。

これはうわさに聞くハンドランディングのチャンス・・・

頭をひっくり返し、エラとエラの間の幕の間に指を突っ込み、無事

ランディング。

1503644882103.jpg

メジャーをあてると70にちょっと足りない68㌢のスリム系の

きれいな雷魚。

タックルは、先日から使用のバスプロ・ショップス7f6in。

初ヒットの印象は・・・

従来のタコロッドよりはかなりハード。

結論から言えば、このクラスの雷魚ならかなり余裕・・・

少々の大きさのバスなら完全ブッコ抜き可能と思われ・・

野池の通常の葦打ちには必要十分な性能でした。

中古とはいえ、3800円のこの竿。

惜しげもなくガンガンに使うにはこの上なく頼もしい

ロッドになりそうな気がします。

この釣りのシーズンもあとわずか・・・

ラストスパートに乞うご期待・・・・・です。
posted by gemini_1961 at 17:18| Comment(2) | ライギョ | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

残念でした・・・・・

久しぶりの釣行。

すてねこさんのブログに影響された・・・わけでもないが

今日は妙に気合を入れて、О池へ。

午後二時過ぎ自宅出発。

今日のタックルは、まだ釣果のない先日購入の中古ロッド

バスプロとアブのセット、ルアーはこれまた中古のフロッグ

(名前不詳)を使っての葦打ち仕様。

いつものように葦際を狙うが全く反応なし・・・

上流の流れ込みを狙うがこれまたノーバイト。

帰ろうかと思い車に向かって歩きながら水面を見ていると・・

ン????

なんかいる・・・

対岸の葦際の黒い影に向かいフロッグをキャスト・・・

少々オーバーシュート気味ながら、それはそれで木の枝に

ラインをひっかけながらのソフトな着水・・・・

にもかかわらず、黒い影はスーっと泳ぎだす。

・・・・もしかして雷魚?

泳ぎ方が鯉とは違う。

ゆっくりと泳ぐ影の先にルアーをキャスト。

影はルアーの下で泳ぎを止め、ジーっとしているが、やがて

静かに葦の中へ・・・

残念、見切られた・・・と

歩き出した時・・・・

またもや葦際で黒い影を発見。

アンダースローでソフトに鼻先にフロッグをキャスト。

影はスーッとフロッグの下へ・・・

今度はそのまま浮上して、音もなくフロッグを吸い込む。

1・2・3・・・完全にフロッグを咥えたのを目視して、お

もいきり・・・ガツンッ・・・・スポッ・・ですっぽ抜け。

・・・・またしても残念。

でも久しぶりに魚の顔見たし、ニューロッドでのアタリも出たし

・・・最近の釣りでは、これで良しとするしかないか・・・

なんとも寂しい結果となりました。

ちなみに本日使用のロッドは

1503390536402.jpg

バスプロショップGS76HT-T、少し使った感じでは、タコ

竿より硬そうで、結構頼りになりそうな感じ・・・

魚をかけた感じは・・・後日のお楽しみとなりました。
posted by gemini_1961 at 18:04| Comment(2) | ライギョ | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

ようやく出ました

百里にかまけてはいたのだが・・・

実はちょくちょく釣りにはいってました・・

でも、ブログ更新しなかったのは・・・・

つまり・・・・ボウズの連荘・・・(笑)

本日ようやく更新する気になったのは、ようやく

・・・ちょうど1月ぶりに魚の顔をみた・・次第。

と言いつつ、今までのレビューを少々。

狙い所も悪いのかもしれないが、アタリの90%は

・・・カエル。

おかげさまで、もうはっきりとカエルと魚のアタリの

違いが分かるようにはなりましたが・・・

残り10%はもろに魚のアタリなのだが?

例のラインスルスルを十分食い込ませての快心のアワセ

は・・・・ガツンッ・・・スポッ????

ガボッ・・・・???・・だけ。

目の前を雷魚がごそごそ・・・・

ルアーを・・・あさってに・・・ガボッ・・・

何所見てんだ・・・・(~_~メ)

こんな感じでストレスは溜まるばかり・・・

でもって・・・げんかつぎを・・・

隣町にある釣具店のひ○屋。

ここで購入した中古品というのが、実は大化け商品

が数多く存在。

古くは300円のヘラ浮きから始まり、今のABUまで

結構アタリの道具が多い・・・

今日は少々用事もあり午後4時からのアフタヌーン釣行。

この時間ならひ○屋も開店しているはず・・・

駐車場に車を止め、店内を物色。

もし雷魚ロッドでもあったらと思っていたが、これは無理。

代わりにフロッグとソフトルアーを購入してО池へ・・・

いつもどうりの流れで釣り開始・・は4時30分ごろ。

先ほど購入した300円ほどのフロッグを葦の隙間にキャスト。

予想はしていたが、こんなにスムーズに水面まで届くとは・・・

驚きながらも、下流に向けて、葦際をかき回していると・・・

当然ながらフローティングのはずのカエルが、スルスルと・・

ルアーの形状も考えて、左手のラインストックもすべて送り込み

・・・・思い切り・・・・ガツンッ????

今回はクリーンヒットらしく竿先に十分な重量感が感じられる。

いつもならすっぽ抜くところを、少々引きを楽しみながら。

余裕をもってごぼう抜き・・・・で

1501233730634.jpg

ちょっと小ぶりながら、Goodプロポーションの34㌢を

取り込む。

その後は少し流すが、アタリは・・・なく。

5時納竿となりました・・・・。

釣りって所詮水物、漁師と同様げんかつぎもあって当然だと

個人的には思うのだが?

はたしてこの後どうなるか・・・・大いに気になるところです。


posted by gemini_1961 at 20:55| Comment(4) | TrackBack(0) | バス | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

レッド デビル帰還

何かとにぎやかだった百里基地もいよいよ最終日。

2週間ほどだった日米合同訓練も本日の米軍機の

帰投をもって終了となりました。

いつもより早めにルーチンを済ませ、少々早めに自宅出発

会社の知人も先行して百里入りしているため状況報告も

バッチリはいる。

風は南・・・当然滑走路は21Lということでいつもの駐車場

へ車を止め、道路を横切り畑の端の電柱の影にチェアーを置き

お茶を飲みながら無線をチェック。

9時30分前、いつもより若干早めにエンジン音が聞こえ・・・

まず林の影から飛び出したのは・・・

IMG_1484 (2).JPG

赤い尾っぽの1番機。

ひねりがないのが残念、しかもやたらスピードが速い。

望遠レンズで追いかけるのもやっとこさ・・・

私が使っているカメラは・・・

CANON EOS kissⅩ7にセットレンズのEFS 55-250mm

初心者向けの入門機。

かなりの接近戦でもフレームいっぱい程度の倍率しかなく・・

機材に見合った撮影ポイントを見つけるのが一苦労。

今日は撮影ポイントもはまったようで、後続機の離陸を待つ

・・・までもなく2番機

IMG_1508 (2).JPG

一番機よりはひねってくれたが、頭の真上を通過・・・💦

すぐさま3番機

IMG_1520 (2).JPG

少々離れたところをまァいい具合に通過・・・

一寸の間・・・・

一機足りないと思ったその時・・・

IMG_1534 (2).JPG

やってくれました4番機・・・

思い切り低空を、ハイスピードでひねりこみ、背中を

バッチリ見せながら先行機をチェイス。

さすがに大取をつとめるだけのど派手な離陸。

その後編隊でのパスも期待したが・・・これはなく・・

近くのコンビニで、友人と会ってダべリングの後こちらも

解散、帰投となりました。

先日の投稿でも触れましたが、レガホは退役も近いらしく

もうボロボロ状態・・・

隊長さんの機体もあんまり調子よくなかったみたいだし・・・

F35ってあんまりピンと来ないので・・・少々残念です。






posted by gemini_1961 at 16:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 百里基地 | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

百里F18・PART3・・正直唖然・・の項

暑い中・・・

いったい本業の?釣りはどうなっているのか(怒)・・

なんていう声も聴かれそうな中・・・

今日も元気に百里参りに行って参りました・・・

理由その1 一度目は着陸オンリーのおとなしめの写真
      しか撮れず・・・

理由その2 2度目は離陸の撮影に臨んだが、あまりの
      非常識な離陸にビビッて満足な画像なし・・

理由その3 なんといっても天候、晴れだとやはり見栄え
      が良い。

理由その4 釣りより楽・・・( ´艸`)

無線を聞きながら、木陰や、車の風にチェアーを出してお茶を

飲みながら離陸前(なぜか米軍は9時30分過ぎ離陸)にカメラを

準備、4機が飛び出すまで5分ほど・・・撮影。

車に乗り込み、今度は着陸狙いで場所を移動。

駐車場を確保して、無線を・・・・で小一時間の待機。

着陸誘導かかったら、準備でアプローチから着陸まで10分

ほどの撮影・・・・帰宅。

出発から、帰宅まで2時間半ほどの行程しかなく暇つぶしには

ちょうどぴったり。

でもって本日はまず離陸狙いで南のエンドへ・・・

ノーマル塗装2機・・・続いてもう一機・・・

今日はさらに、低くて、早くて、ひねりこむ。

ある程度予想はしていたため、撮影ポイントを滑走路から

距離を置き、延長線上からも少し離れてセットしたが・・

案の定、隊長さんの色付きはど派手にひねってしかも低い

IMG_1351 (2).JPG

IMG_1356 (2).JPG

当方使用の安物一眼のセットレンズ250mmでも、ほぼファインダー

一杯のドアップがとれるほどの至近距離。

即撤収と同時に北エンドへ・・・

今回も南風が強いことを考慮して、ポイントを滑走路から離れてセット・

風に流されないような派手なひねりこみを期待して1時間チョイの待機。

順番道理に、まずは先行の2機がオーバーヘッド

IMG_1392.JPG

ブレイクしての着陸。

そして隊長さん色付きの二機編隊

IMG_1433.JPG

同じくブレイクして

IMG_1451 (2).JPG

無事全機着陸となりました・・・

着陸は全然ふつ~の着陸で拍子抜けでしたが・・・

今回の発見は隊長さんの機体の・・その・・・ボロさ・・・

サイドから見る限りではそうでもないが、ひねりこんだ時の

背中側から見た機体は・・・・

サビサビのつぎはぎだらけ・・・💦

あんまり見えないところなので気にしていないのか?

溶接でくっつけたような痕跡もあり正直唖然・・

50年落ちのF4のほうがよほどキレイなような気が。

海軍、海兵隊の機体ってこんなものなのでしょうか・・

皆様の夢を壊してしまったら申し訳ありません・・・m(__)m。





posted by gemini_1961 at 15:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 百里基地 | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

百里・・・レッドデヴィルズ(色付登場)

昨日友人よりラインが・・・

先日到着した岩国基地のアメリカ海兵隊の

飛行隊・・・・

地味な塗装のロービジのほかに派手な塗装の

通称『色付き』が到着した旨。

幸いにも本日は休日、しかも天候は晴れとあっては

やはり、行かざるを得ないか・・・

7時起床、ゴミ捨て、犬散歩のルーチンをこなし・・

8時チョイ過ぎ自宅出発、無線をモニターしながら

一路百里へ。

今日の風向きは南・・・ということは当然ランウェイ

21からの離陸となるはず。

撮影ポイントへ到着すると・・・・満車・・・

仕方なく道路わきに車を止めてリアハッチを開けて

停車中を知らせて、車のそばにて離陸を待つ・・・

T4、F4と離陸が続き、やがてネイティブイングリッシュ

の交信とともに飛び出したのはロービジの2機。

しかし、低い・・早い・・・

あんまり近くで望遠なんかで狙おうものなら下手すると

追いきれなくて、ピンボケ、ブレブレで終了・・て感じ。

その後離陸したF-4もいつもと違った気合のひねりで

あとを追う・・・

でようやく・・・

IMG_1161.JPG

お目当ての隊長機の『01 色付きの』登場。

撮影後、次のポイントへと車に乗り込むと、考えることは

皆同じらしく、一斉にエンジンスタート。

目指すは21Lの北エンド。

比較的駐車には余裕があるはずだが、到着後数分でこちら

も満車状態。

車は止められたが、ここは脚立使用が圧倒的に有利。

フェンスの間からでは今日は苦しそう・・・

やむなくわき道を進み、畑の中の草原へ移動。

ここも車はほぼ満車・・・すげー人気です。

日陰にチェアーを出し、無線を聞きながら今度は

着陸を待つ・・・・

珍しくFー4のフォーメーションでの着陸

IMG_1177.JPG

に続き先行したFー18が2機着陸。

最後に

IMG_1231.JPG

やってきました隊長機の2機編隊

早めのブレイクで

IMG_1267.JPG

まずは色付きの隊長さん

IMG_1305.JPG

2番機のロービジの順で無事着陸・・・

周りは県外ナンバーの車も多く、午後のフライトも

狙うようだが、こちらはここで退散。

11時過ぎ帰宅となりました。

湿度が高いせいか結構ベイパーなども出ており迫力

シーン満載の日でしたが、時期は梅雨。

離陸時の撮影を失敗しているため、再挑戦してみる

つもりですが、あと何回この条件があるのか?

気になるところです。
posted by gemini_1961 at 12:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 百里基地 | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

新しいお客様・・・百里基地より

釣りにはいくのだが・・・・

減水がひどく、アタリはほとんどがカエル・・

そ~いえば百里のカエルたちは元気かしら?

というわけでもないが、七夕の今日・・・

百里に新しいゲストが来るらしい。

三沢のF2が去ったのち、すぐさままたの

来客とは、百里もなかなか忙しいらしく・・・

天候もよさそうだしここは撮影に出かけるか♪

ってことでゴミ捨て、犬の散歩をすました午前10時

自宅出発・・・

はいいのだが、スケジュールが全く不明(当たり前か)

ひとまず基地の外周を回りながら航空無線をワッチ。

・・・交信がない???

やがて南向きの21LからファントムとT4が一機ずつ

テイクオフ・・・のみ?

あきらめかけた11時ごろ、正門の前を通過すると・・

TV局らしき車と報道関係者らしい集団を発見。

気合を入れていつものセブン付近へ到着。

すると友人のT氏からラインが・・・・

11時15分F-18岩国テイクオフ。

到着は1時間後か?

セブンで飲料、軽食を購入、ランディングの撮影

を決めて撮影ポイントへ。

ファントムが飛び始めて、しばらく後・・・

○○、××で△△(交信内容は秘匿義務あり)の

交信で、周りのギャラリーもざわつき出す。

12時20分過ぎ・・・

撮影チェックのため撮ったファントムに続き・・・

IMG_1031.JPG

カラスいい雰囲気出してますね(笑)

IMG_1039.JPG

メインゲスト登場。

21Lへのオーバーヘッドアプローチから

ブレイクしての着陸となりました。

IMG_1061.JPG

そして

IMG_1070.JPG

増槽には鮮やかな『レッド・デビル』の赤い文字が。

アメリカですね~

ちなみに正式名称は

『第232海兵戦闘攻撃飛行隊』通称レッドデビル。

歴戦のつわものらしいです・・・。

これから空自との合同訓練とのことですが、きな臭い

ニュースが多い中、訓練の安全を祈るばかりです。

しかし暑かった・・・(-_-;)

バイクで走り回ったのは良いが、待ち時間の辛さと

いったら・・・

次回からは車で来よう・・・

そんな七夕でした・・・・?



posted by gemini_1961 at 19:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 百里基地 | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

トラウマ・・・・

先回のブログ更新から3回ほどの釣行・・・

結果は、すべてバラシで・・・・釣果・・・0。

アタリはあるのだが、ガボッ・・・だけ・・

コツンッ、スルスル・・・・フックオフ・・

ガボッ・・・ビシッ・・・・フックオフ・・

とにかくまともにフッキングしない・・💦

その数・・・合計10回ほど・・・

いささか嫌気がさし、今日はバラしたら別な池

の開拓に出かけるつもりで、小雨の中出陣。

いつもの池で、いつものタックル、いつもの場所に

車を止めて、釣り開始。

????全く魚の気配がない。

カエルもいない・・・・

最近のヒットパターンとして、岸際ギリギリの葦打ち

でアタリを取っていたが、今日はかなりの減水・・・

葦の間からのぞき込むと、水深は数㌢ほどか・・

さすがにこれでは無理と判断し移動を考えながら

車に戻る。

・・・・が、何やら葦原のど真ん中で魚の気配を感じて

数投すると・・・・カエルが1匹ヒット。

なんか、この中に魚も居そう・・・・で・・・さすがに

普段はこんな葦中など狙わないのだが、背に腹は代えられず

葦の葉の薄そうなところを狙ってワームを振り込む・・・

ロッドを高く持ち、葦の葉に沿ってワームを引き、着水音を

ききながら、葦の中を探り続ける。

正直、あんまり期待はしていなかったが・・・

まさかの、『コツンッ』でロッドを止める・・

派手なバシャッでもなければ、ラインを引き込むでもなし。

ちょっとラインを張って様子をみるが、もそもそ食ってはい

るが、アワセのタイミングが分からない。

意を決してラインを巻き込み、思い切りロッドをガツンッ・・

で、完全にヒット。

魚も暴れるが、水深がないためと動ける場所が少ないのか

ガバガバやってはいるが、泳いでいる感じではない。

手間取るとこの葦の中では取り込み出来そうになく、タックル

のパワーを信じてのゴリ巻きでさらに竿をあおる。

葦中からバスが飛び上がり手前の葦中へドボンッ・・・

さらにゴリ巻きで・・・・足元にバスが転がる。

1498624599925.jpg

38㌢ながら久しぶりのバスを取り込む。

改めて釣り場の状況を見ると・・・・

1498624610901.jpg

ヒドイ・・とても釣りポイントとは思えないが、魚はここしか

居そうになく・・・

2匹目を狙って、葦中にドボンを繰り返す。

と・・・・

葦の切れ目に吸い込まれたワームのそばで、ガボッ・・

魚(たぶん雷魚)がアタック・・・・

それからが圧巻。

ワームの周りの葦の葉をかき分けながら魚がワームに

突進。

誘いをくれたワームに飛びつくようにヒット。

ちょっと待ちたかったが、いきなり竿先をひったくられ

たのと、先ほどのチェイスで動転していたためか、思わず

アワセをくれてしまう。

ゴツンッ・・・・のった・・・ドバッ・・・フックオフ。

いつものパターンでサヨウナラ・・・・(-_-;)

トラウマははれそうに・・・・なく・・・しかも

はずれた魚は、先ほどと同じように葦の葉をなぎ倒しながら

芦原を駆けずり回り、やがては沖のオープン水面にたどり着く。

トラウマの傷口拡大・・・・・

・・・・・ドンだけ水深がないんだ?????

でもこんなところにもいるんですね・・・魚って。

時間は12時30分近く。

いつもより長居をしてしまったが今日はここまで・・・

さすがに他の釣り場に行く気も起きず、納竿となりました。

いつもは余裕をもって使うタックルですが、正直今日の釣り

では、少々パワー不足を感じた次第・・・・

こうやって、だんだん道具は増えていくのでしょうか?

本格的な雷魚ロッド・・・・・ン~~ッ高すぎる・・



posted by gemini_1961 at 14:44| Comment(8) | TrackBack(0) | バス | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

初のお目見え・・・です。

親戚の不幸も一段落。

いろいろ手伝いもすました午後3時。

帰るついでに寄り道を・・・

車にはすでにバスロッドを準備・・・

時間は限りなく切迫しているため短時間

一発勝負に出る。

朝少々時間があったため、あれこれ考えていると

・・・?

そー言えば20年ほど前に購入したバスロッドが

一本・・・。

たしか、アブのリールとセットで購入したが、当時

の自分の釣り方に合わず、ず~ッとお蔵入りしていた

UFMウエダ、プロ4、ピッチングスティック6‘6㌅。

KIMG0440.JPG

このぐらいの硬さなら、葦打ちにも使えるか・・・?

ってことでこのたび日の目を見た次第。

UFMといえば、折れるイメージが強く、ブランクは

パキパキの高弾性カーボン?

とてもライギョの混じるこの釣り場では、使う度胸は

なく・・・埃をかぶっていた代物・・・でも・・

今日は雨交じりの曇天、ライギョのお昼寝にはあまり

好条件ではなく、出るとしたらバスしかないか・・・

で急きょ出動が決まったこの竿。

これまた途中で購入したDEPSのスピニークロウ

4.8㌅をセットいつものように葦際を・・・

しかし・・若干竿が短いため岸から離れたキャストでは

少々ラインが足りず・・・

左手にラインストックをもっての提灯釣りとなりました。

芦原→オープン→ボサ・・・でカエル一匹。

さすがに竿の感度はタコロッドの比ではなく・・・

カエルのいたずらもはっきり手元に感じる。

・・・でもって駐車場も目前・・・・で

コンッ・・・ラインスルスル・・・

左手のストックラインを離し、ラインが張りつめる

・・・ちょっと竿先を送り込み・・・・少々遠慮気味に

・・・・ドンッ・・・・で乗りました。

さすがにいきなりブッコ抜くのは怖く、魚が弱るのを待つ。

が・・・・意外と竿には余裕があり・・・

ラインを巻き込みながら、無理せず・・・ブッコ抜き。

1497337785005.jpg

少々痩せ気味な40㌢でした。

その後は雨も降りだし、集中力崩壊。

連日の疲れもあり・・・・納竿帰宅となりました。

霞からの揚水も終了したらしく、少々減水気味の

コンディションとなり、雨量頼みの池となったО池

果たして今年はどうなるか・・・

しばし様子見・・・・でしょうか・・・









posted by gemini_1961 at 18:40| Comment(2) | TrackBack(0) | バス | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

またまたО池・・・ファミリー編

夕方から法事があり、会社は休み。

子供たちも出歩くわけにもいかず・・・

久しぶりの自宅待機。

長男の提案で、ちょっと釣りでも行くか

・・・ってことになり・・・О池へ・・

次男用に10ftの硬めのシーバスロッド

を準備して、11時出発。

いつもの場所に駐車して・・・???

なんかいる・・・

車を降りてよ~く見ると・・・

1497155868221.jpg

道端にキジの巣・・・・

もろに道端でしかも卵まで抱いている様子。

そ~っと迂回して左を子供、右を自分の場所割

をして釣り始める・・・・

私の進む方には、3人ほどの先行者がいるが・・

タックルからすると芦原の釣りではなさそうな

ので、思う存分葦の中をつつき始める。

正直日曜日の釣りなんて、だれかしらが、なにか

しらやっていそうで、あまり気も乗らず釣り進む

子供は食用ガエルを初めて釣ったらしくはしゃいで

いるし・・・

芦原もあと15メートルほどと思っていたところ・・

まさかと思った『ガボッ』・・・って?

完全に意表を突かれ少々動転・・・

しっかりアワセはくれたものの、ドラグが少々甘かった

ためか、いつものようにブッコ抜けず・・・

少々無様な抜き上げに。

カッコ悪ッなんて思ってまわりを見ると。

やっぱり先行者たちの目線が・・・恥ずかし。

35㌢ほどの真っ黒けのバスでした・・・

1497155852944.jpg

子供にも声がけ、見せびらかしたのちリリース。

ちょっとは威厳を見せられたか?

なんて思っていると遅れていた、長男到着。

状況説明の後、長男も釣り開始・・・・

でもその後アタリもなく・・・

釣り終了か・・・・

で事件発生・・・・・

なんと先ほどのキジがヒヨコを孵した様子。

1497155836962.jpg

よくもまあこんなところで、犬や猫にも襲われず・・

子供たちも唖然・・・としながら、帰宅となりました。

IMG_0936 (2).jpg

そういえば、9日はストロベリームーン・・・
とりあえず写真は撮りましたが・・・

シロトビが・・・・残念でした。



posted by gemini_1961 at 14:58| Comment(2) | TrackBack(0) | バス | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

О池・・・久しぶりの釣果

実はブログの最終アップから2回ほど釣行するも

・・・・結果はノーバイトと、ラインブレイクの

バラシ一回・・・だけ・・・・。

手持ちルアーもザリガニ系がすべてボロボロになり

さすがにこれ以上は使用できず。

朝のルーチンをかたずけ、10時開店の○州屋へ・・

最近デカい(4㌅)ザリガニ系が少なく、何度か覗いて

はいたのだが、これというものもなく、ずるずるとシー

ズンイン。

切羽詰まってようやく新商品を購入。

一目散にО池へ・・・

池はヘラ釣り師2名以外は無人の貸し切り状態。

釣果が出なくなったためか、このパターンが多い。

いつもの竿に新規のザリガニを付けて、釣り始める。

感触は・・・結構良好。

重さもありキャストもスムーズ・・・・

ただしムッチリ系のためか着水音が少々大き目なのが

ちょっときになる・・・。

ノーバイトのまま釣り下ると下流に人影が・・・・

あの格好は・・・・たぶんすてねこさん・・・(笑)

ちょっと離れているため、声もかけずらく、ちょっと

ペースを落として様子を見ていると・・・

下流に下って行った後、納竿の様子。

でもこちらに気付いたらしく車を寄せてきて暫らく

情報交換・・・やはり不発の様・・・・。

体調がよくないとのことで、帰宅されたすてねこさん

の代わりに今度は上流側へ・・・・

まずはカエルを一匹・・・・。

最上流の水路までノーバイト・・・

ここでなぜかルアーチェンジ・・・着水音がデカいため

この狭いエリアではちょっと柔らか系にと交換して数投。

吐き出しの5mほど手前で、コツンッとアタッた後・・・

ラインが下流へ走り出す・・・・

いつものごとく、ゴツンッ・・でフィッシュオン。

流れに乗って下るバスの引きを十分堪能しつつ。

最後はごぼう抜き。

1496722012392.jpg

40㌢のスリム系のバスでした。

ちなみにヒットルアーは・・・・

ゲイリーヤマモトヤマフロッグ(改)

1496722022742.jpg

なんのことはない片足もぎれたフロッグを流れに

ぶち込んだだけ。

魚がいれば、こんなものか?

なんて思いつつ、帰りは葦の中へと片足カエルを

ぶっこみ続けるが、この後はやはり沈黙が続き・・

12時納竿となりました。

最近のО池にしては、水色、水量も落ち着いてコン

ディションはよさそうなのですが、なぜか魚の活性

はいまいちの様です。

葦もかなり伸びてきてポイントも増えてきている中

あとは、気温が安定してくれれば・・・・

まだまだチャンスはありそうです。



posted by gemini_1961 at 14:06| Comment(4) | TrackBack(0) | バス | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

ちょいと・・・О池

せっかくの休日なのに野暮用で朝から出かける。

午後2時帰宅・・・

まァ午前中は雨だし、あきらめもつくか・・・・

おふくろを買い物に連れ出し午後3時О池へ。

前回は絶好調であったため、悪天候でも様子見

だけでもしたいのが人情。

いつものロッドにいつものワーム・・・

いつもの釣り方で、いつものポイントから・・・

あんまり魚の気配は感じられず、若干増えた水量と

水温低下のせいかな~などと思い始めた矢先。

葦際で、コツンッ・・・・あたったか???

しかしその後の反応は・・・・なし・・・。

魚の活性は下がった・・・・?の予想的中・・・

かと思った瞬間・・・・

コンッ・・・?

ラインがスルスルと・・・・

今日は釣果を期待していたわけではないので落ち着いて

リールをフリーにしてラインを送りこむ。

葦際でルアーをくわえた魚は抵抗をなくしたラインを引き

つつ、数メートルを泳ぎ・・・・

リールのクラッチを入れ、竿先を送り込みながら、一気に

ゴツンッ・・・・のった・・・。

重量感は結構なもので、合わせた瞬間にちょっとデカい・・

と思ったバスは(このパターンは全部バスがヒット)結構

もがくが、あんまりダメージを与えたくないため、タックル

のパワーを信じて例のごとくごぼう抜き・・・・

1495786319012.jpg

今年最初の40㌢・・・

プロポーションも結構よく、これからのО池にも

一安心・・・そんな感じを抱きつつ・・・・

その後はアタリもなく・・・

正味1時間の釣り終了となりました。




posted by gemini_1961 at 19:21| Comment(2) | TrackBack(0) | バス | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

お先に失礼しました・・・・

本日の天候は晴れ・・・

先日4連発のすっぽ抜け&バラシのリベンジに

いつもの池に出発。

午前10時釣り開始。

いつものロッドに今日は2サイズ小さめのフックを

選択してまずは一投・・・

数投目、ピックアップしようと竿先を上げると何かに

ルアーが引っかかっているような・・・・?

まさか魚とは思わずひょいっと竿を上げるといきなり

『ガバガバッ』と暴れだしたのは結構なサイズのバス。

有無を言わさずブッコ抜くと・・・まずは

1495507683558.jpg

38㌢のスリム系・・・

下流見向かって釣り下ると・・

今度はラインスルスル・・・・

先日の反省からリールをフリーにして糸を送りこむ

・・・・数秒後・・・思い切り合わせをくれると・・

思い切り・・・スカッ・・・・なんとフックのすっぽ抜

け。

バスさんごめんなさい、いつもはこんなことないように

気を付けているのですが・・・。

でフックを結び直し・・・って????

さっきのバスの口見たら、フックの大きさなんて気にする

必要なしと思い、いつものダイソー4/0へとサイズ変更。

直後、コツンッの後ラインが引き込まれていく・・・・

再びラインを送り込み、アワセをくれると・・・

ゴツンッ・・ガバガバ・・・ッで

いつもの葦際一気にブッコ抜きではなく、岸から数メートル

先の水面から、バスが吹っ飛んでくる

1495507644367.jpg



36㌢追加。

その後ラインスルスルを一発すっぽ抜け・・・

ここで、先ほどからちらちら下流に見えていた釣り人が

いつもブログを参考にさせていただく、すてねこさん

http://juicyfruits.blog22.fc2.com/だと確信。

様子見にそばにお邪魔してお声がけ・・・

まだ釣り始めたばかりの様でアタリなしとのこと・・・

ちょっと下流の様子が気になったのでそのまま釣り下るが

すてねこさんが釣った後に魚などいるわけもなく・・(笑)

お互いにその後釣果無し・・・

最下流に向かうすてねこさんとすれ違いながら、先ほど釣

っていた、葦際のうち漏らした、超葦際の隙間をつついていると

まずはいきなりラインがドバ―ッと走り出してすっぽ抜け。

なんなんだ・・・・?

数分後、コツンッ、その後ラインスルスルで十分送り込み

余裕をもって竿を・・・ゴツン。

完全に魚は葦から離れているので、久々に引きを楽しむ。

で・・・・ごぼう抜き・・・・

1495507655825.jpg

3匹目・・・・

もう十分だが、肝心な雷魚は?

いつもの葦原をちょっといじるが、天候も曇りからドピカン

に・・・やる気十分な太陽には勝てず・・・・

11時半納竿となりました。

その後、上流に向かったすてねこさん・・・

釣果はいかがでしてか?

釣果とブログ更新お待ち申し上げております。




posted by gemini_1961 at 12:58| Comment(4) | TrackBack(0) | バス | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

4連発・・・・バラシ・・・

意表を突いた日曜日の休日。

予定していたことにケチが付き・・

出かけるにも日曜日ではどこも混雑。

ブラーとО池に様子見に出かけると・・・

3人しかいない?

しかも狙いはバスらしく、こちらのポイントには

誰もおらず・・・

当然このドピカンの天候では、バスには厳しく・・・

すぐ帰宅して、雷魚タックルをバイクにつけて出陣。

10時過ぎ再登場となったО池到着。

まずはいつもの葦原をピンポイントで狙っていくが

・・・全く反応なし。

駐車場の方面に戻りだすが、ここは先ほど先行者がつつき

回していたポイントでもあり、あまり集中できない。

葦際をアンダーハンドでつついていると・・・・

ガバッ・・・ガボッ・・・変な反応が。

とりあえず合わせるが・・・スカ・・たぶんカエル。
・・・・一発目。

でも・・・カエルがいるということは、当然魚もいる

可能性もあり・・・少し気合を入れて釣り続行。

数分後、今度は昨年多発したラインスルスルが発生。

魚のテンションを感じつつ、竿先を水面近く下げ・・

一気に合わせるが・・・・全くの・・・スカ・・・
・・・・2発目

暫らく後、今度はガボッの後ラインがス~ッと引き込まれ

ていく・・・今度は慎重にリールからラインが出るにまか

せて、気合を入れてガツンッと合わせ・・・・・

ゴンッ・・・ガバガバ・・・・フッ・・・で・・すっぽ抜け。
・・・・3発目・・・・

数メートル隣のポイントで・・・・

ガバッ・・・・あさってのほうで雷魚がアタック・・・(-_-;)
・・・・4発目・・・

もうすぐ駐車場まえ・・・で

ガボガボッ・・・・定番の

1495339711419.jpg

お久しぶりでした・・・。

そしてこの後もゲーコ2発連発。

駐車場前のボサの中・・・

60ほどの浮きライギョ発見・・・・

ワームを放り込むと・・・シカト。

2投目・・・・スーッと逃げ出す・・・

再びボサの中・・・・

ガボッという音をたて、20㌢ほどのバスが

逃走・・・最近バスはこればかり・・・

13時どっと疲れが出て納竿・・・くそアツッ。

・・・・厄日でした。

でもあのラインスルスルは、バスの確率が高く・・

見えバスも含めて減水により危ぶまれた全滅はさけられた

様です・・・

・・・引き込みの時の重量感、ガボッの音からすると。少々

サイズがダウンしているように感じられたのが気がかりですが。

posted by gemini_1961 at 13:46| Comment(4) | TrackBack(0) | ライギョ | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

第一号・・・・💗

GWも明け、ようやく一段落・・・

ちょっとは余裕が出てきた本日ストレス解消の

日と決めて、遊びまわることに。

まずは7時起き・・・

ゴミ捨て、犬の散歩を済ませ、急ぎ百里基地へ。

本日の天気予報は快晴・・・・

当然期待は高まるわけで、気合を入れて出陣。

しかしながら、お目当てのF2は着陸のみしかなく・・

離陸を狙って陣取ったポイントでは、真逆の方向で

・・・・・スカ・・・・。

家に帰って昼飯・・・・

午後1時、今度は昨年通い詰めたО池へとバス、雷魚狙い

で出発。

今季初釣行のО池は、水質はやや濁り気味。

水位も今頃の季節としては少なめか・・・・?

葦やガマもまだ伸びきらず、見慣れたヘビーカバーには

ほど遠い状況。

使用タックルは昨年と同じ、メジャクラタコロッドにアブ

5000番、ナイロンライン8号のブッコ抜き仕掛け。

底が見えそうな葦の間にスピニークロウ4.8㌅を放り込み

続けるが、反応は全くなし。

中流から下流へ・・・そして戻りながら上流へ・・・

いつも何かしら反応のある最上流の流れ込みへ到着。

底の見えそうな場所から40㌢はあるバスが、ゆら~と

逃げ出す・・・・

魚はいる・・・・💗

気合が入った1時30分過ぎ・・・・

車を止めた中流域の葦原に向かって穴という穴にアンダー

ハンドでルアーを送り続ける・・・・

午後2時・・・・

『バシュッ・・』というライギョっぽいアタックが。

リールはフリー状態、魚の引き込みに備えるが・・・

引きこみらしきものは無し・・・

リールのクラッチを入れラインを巻き込み、アワセの準備

をするが変化なし・・・バレたか・・・・

半分あきらめかけて竿先をそ~と上げてくると、何やら

魚の気配が・・・・・

そーッと竿先をさげ・・・一呼吸ののち思い切り竿を

あおる・・・・と

ゴツンッ久々の重量感を感じた瞬間、魚も暴れだす。

水深が浅い状況を考え、一気のブッコ抜きを決定。

ラインを巻き込み、腰を落として、ダブルハンドの

竿を両手であおると・・・・

ちょっと期待外れ感の重量で、葦の中からライギョが

飛び出し、草の上に転がる。。。。

フックを外し、メジャーをあてると、58㌢の痩せ気味な

個体・・・・

1494913324350.jpg

写真を撮って早々にリリース。

やはり水抜きの影響でしょうか、コンディションはいまいち

ながら、今季初ライギョとなりました・・・

バスの姿も確認できたし、用事もあるため、そのご撤収。

正味1時間ほどの釣行となりました。

例年より減水気味のため、魚も神経質になっているようで

オープンでは全く反応なく、ほんとの小場所をツツキ回す

・・・・しばらくのパターンになりそうなО池でした。







ラベル:ライギョ
posted by gemini_1961 at 17:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ライギョ | 更新情報をチェックする