2018年12月04日

百里基地航空祭2018特別公開

12月1日百里基地近隣の市町村の住民などを

抽選で招待する特別公開に行ってまいりました。

当日の天候はほぼ晴天の航空祭日和。

今年は駐車場がなく、近くの駐輪場を利用するするため

少々寒いのを我慢してバイクで出かける。

さすがに自衛隊さんらしく時間ピッタリにプログラムが

始まり

IMG_7197.jpg

狙っていた基地所属のF-4の編隊飛行から、救助デモ

F-4のデモスクランブルへとプログラムが進む。

ここでサプライズ・・・

来年解隊される予定の302飛行隊(通称オジロ)の

機体に特別に施されたカラーリング(通称スペマ)の2機が

飛ぶらしいアナウンス。

さんざん追いかけた白い機体は飛んでいる姿を何度も見たが

航空祭2日前に初めて存在が明らかになった黒い機体・・・

噂ではもう耐用年数を過ぎて、地上滑走がやっとではないか?

などと噂されていたためかなりの驚き。

ちなみに近くで見るこの2機は写真ではわかりづらいものの

正直少々あれでした

image2.jpeg

image1.jpeg

しかしながら、いざ地上を離れると・・・・

そこにはまたしても意外な光景が

IMG_7443.jpg

黒い子めっちゃ元気じゃん?

IMG_7500.jpg

白い子よりもバンク(翼の傾き度合い)も深く動きもスルドイ。

興奮してシャッターを何枚も切り・・・・・

その後のフライトなどはそっちのけで帰宅して画像をチェック。

お気に入りの画像をインスタに投稿、越にいっていたのだが・・・・

何度も見直す画像にはなんか違和感が?

白い子なんかAB(アフターバーナー・通常の推力より大きな力が出る、エンジン

後方から見ると、炎のリングが見える)たくのが遅い。

黒い子よりもちょっと動きが無かったのはこのせいか??

などと思っていたのだが・・・

今日の話はここからが本題。

あくまで個人の感想とはなりますが・・・

実は黒い子は今日と、翌日の航空祭飛ぶのがやっとらしく。

後先考えず精一杯飛んでいたのではないかと。

整備員の方に聞いたところ、白い子はこの後那覇基地の航空祭に

展示されるためフライトがあるが、黒い子はないとのこと・・・

白い子は先のことを考えてあえて機動をセーブしていたのでは?

そう考えるとつじつまが合って来たような気が。

そして、白黒揃っての飛行はこの2日だけだったのでは・・・

航空祭に行かれて、F-4のエンジン音に驚いた方もかなり

いらっしゃると思います。

独特の音は、今ではもう少ない「ターボジェット」のエンジン音。

現在の主流はF-15を含め「ターボファン」エンジンに変わっています。

もう、聞くことはできなくなります・・残念ですが。

もう後数年で退役となる運命のF-4、くれぐれも

事故など無いようにと、こころより願っております。

ちなみにこの飛行機、ほぼ私と同年代・・・・

最後までF-4の写真を撮り続けたいと思っております。



posted by gemini_1961 at 02:22| 茨城 ☁| Comment(0) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

久々の釣行

ここしばらくご無沙汰の釣り。

季節的にも釣りシーズン到来ってことで釣具店の

ブログを模索すると・・・

大洗で「アナゴ」が釣れているらしい。

いきなり25号のオモリをぶん投げる気にもなれず。

とりあえずは、ゆるい釣りからのリハビリに決めて夕方

に自宅出発。

日没少し前、釣具店で情報を聞くと・・・・

釣れているのは鉛筆サイズ・・・って釣ってもしょうがない。

大洗まで出張ってきた手前、何かしらは釣りたいのは人情。

さらに話を聞くと、涸沼川でセイゴが釣れているとのことで

あっさり目標変更。

最寄りの釣場へと向かう。

今日のタックルは、足元狙いの楽ちん仕様のため、足場の良い

大貫橋の上流で釣り座を構える。

時刻は5時過ぎ、涸沼川の流れは満潮少し前らしくゆっくりと

海側から逆流中。

慌てて仕掛けを作りとりあえず6Fほどのルアーロッド(笑)

を2本準備してアオイソをぶっ込むと。

いきなり竿先が水面に突っ込む。

慌ててアワセをくれると・・・すっぽ抜け。

仕掛けを回収すると、ハリスがない?

結構デカかったか???

なんて思っていると、別の竿にもすぐアタリ。

こちらはしっかりフッキング、久しぶりの魚の引きを楽しみ

ながらリーリング、とりあえず一匹、30センチを取り込む。

その後もアタリは頻発するが、型が小さいらしくのりが悪い。

やがて潮止まり、アタリも遠のく。

しばらくの静寂の後、流れは下流へと向かい出す。

魚の活性も上がったようでアタリも増えだすが、やはり

型は小さく、数匹をリリース、ハリを飲み込んだ2匹は

やむを得ずキープ、エサ切れのため7時過ぎ納竿

となりました。

ここの釣場は足元にテトラが入っており、本来なら3m以上の

竿がほしいところでしたが今回はショートロッド、根がかり

が頻発したのも釣果が伸びなかった理由と思われます。

image34.jpeg

こんなかんじののんびり釣行でも、さすがはセイゴ。

ヒットさえしてしまえばルアーロッドをひん曲げ結構なファイトが

楽しめました。

欲を言えばやはり

image33.jpeg

このサイズ、もう少し大きければ遠慮なくキープできるの

ですが・・・・

posted by gemini_1961 at 22:03| 茨城 ☀| Comment(0) | セイゴ | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

復活?

ほぼ2ヶ月ぶりの更新となります。

なんといっても今年の夏は暑すぎて、釣りどころではなく

さらに池の様子もイマイチで・・・

そんな中、健康も兼ねて購入したロードバイクにどっぷり

はまり・・・休みの度に転がすと・・・・

やれ速度がどうの、距離がどうの、情報化時代のためかやたら

課題が出てくる。

とりあえず一時間をめどに、平均25kmを維持できるよう必死で

漕ぎまくる・・・・当然釣りなど行く余力なし・・・

さらには、世界で見ても貴重な百里のF4戦闘機。

これの一部隊が来年には機種変更で三沢基地へお引っ越し。

こういう時には良く出る、スペシャルマーキング(特別塗装)

例年なら年度末に来る、アグレッサー部隊との絡みもあり

連日の百里通い。

季節と離陸時間、方角などを考えると、写真撮影には午前中がベスト

帰宅してからは画像のチェックで時間を取られ・・・

ようやく落ち着いた頃には夏真っ盛り。

せっかく買った自転車を漕がないわけにも行かず、走り回ると・・

慣れとは恐ろしいもので、だんだん走行距離も伸びだして速度も

上がり・・・・釣りどころではない負の連鎖が始まり・・・

いつの間にか気がつけば2ヶ月のご無沙汰となってしまいました。

ということで、近況写真の連続投下です。

image28.jpeg

例の記念塗装F4。

そしてimage30.jpeg

新柄迷彩のアグレス、愛称はミノカサゴもしくはバラ肉。

image29.jpeg

毎度おなじみガメラのツッコミ&ベイパー。

さらには、今まで家の外の60㌢水槽で4年近くも生きていた

ウナギですが、設備の老朽化によりこちらも引っ越し。

家の中の住人?となりました。

image31.jpeg

自作水槽台と、新居の90水槽。

image32.jpeg

人の気配でエサ頂戴の仕草、慣れきってますね~。

そろそろ暑さも和らぎ、魚が恋しくなってきましたが

何からなにまでイレギュラーな気候の昨今・・・・

果たして釣果のほうはどうなることやら。
posted by gemini_1961 at 18:47| 茨城 ☔| Comment(2) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

ついていない一日・・・・

久しぶりの連休。

池がダメなら、河岸を変えて。

土用の丑の日も近いことだし、夕涼みがてらのウナギ

でも行くか?

その前に、気にもなっている百里のファントム。

来年が引退の部隊があるようで、記念塗装した機体

があるらしく・・・

午前中は百里で撮影、夕方から涸沼へとよくばり計画を

たてていざ出陣。

午前中は良い天気に恵まれ・・・・?

数回の離陸を撮影して、スペシャルマーキング(スペマ)を

待つが・・・・こいつは気配なし。

やむなくハンガーの方へ移動してみると、スペマはハンガー

の中でお昼寝中、時刻は11時過ぎ・・・

こいつは今日は無理だわ、天候も崩れそうだし、早々に退散。

そして午後の部・・・・・・

飯食って、休憩、釣りのエサ堀りに、近くの竹やぶへ。

50匹ほどのドバミミズを採って、早めの犬の散歩。

午後4時自宅出発。

ここはシーバスの好ポイントで場所確保のためには

少々の早出が必要になる。

現地到着、道具一式を担いで曇り空の中ポイントへ・・・

が・・・ついた途端、ドバーッの集中豪雨。

空を見ると、当分止む気配なし。

道具はそのままに、車まで一目散の撤退。

当然ながら、パンツまでビッショリ。

30分ほど雨宿りの後、小雨の中、仕掛けを準備。

とはいっても、仕掛けは作るだけ、時合の6時30分までは

釣りにはならず、時間を潰す。

日没間近の6時30分釣り開始。

エサ取りが多いため、15分ほどで仕掛けをチェックすると

7時過ぎ、竿先がグンッ・・グンッと引き込まれる・・・

少し待っても、型物のウナギのアタリではなさそうで・・・

竿を上げると30センチほどの子ウナギがぶら下がる。

針を外して放流。

その後も真っ暗になった、午後9時まで粘るが、釣れたのは

同型3尾、意気消沈して、半乾きのまま帰宅。

釣具の手入れをして、スマホを見ると・・百里のスペマ・・

しっかり飛んでた?・・あの天候で・・・・??

さらには午前中の写真を見ると

image26.jpeg

久しぶりで、感が鈍ったかの露出オーバーの白飛び(汗)

釣場の写真を撮れば

image25.jpeg

まさかのピンぼけ(汗)

釣れたウナギは一歩間違えば絶滅危惧種になりそうな貴重品。

なるべく魚体を傷めぬように、早々に放流したため写真はなし。

思えば、動物と目が合うとその日の釣りは見込みなしがジンクス

らしく・・・・

image27.jpeg

しっかり居付きの白鳥にがん飛ばされてました、しかも親子で。

全くついていない一日となりました。

明日も天気は良さそうなんですが、果たしてどうすべきか?

悩みながらブログかいてます・・・・
posted by gemini_1961 at 03:22| 茨城 ☁| Comment(2) | その他釣魚 | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

最近の釣り事情・・・・

今年の梅雨明けは異常に早いそうで・・・

梅雨が明ければ、釣果も見込めるか?

などという希望とは裏腹に・・・・

気温の変化も激しく、何より風ばっか吹いている

悪条件続きの每日。

僅かなチャンスをみつけての釣行を重ねるも、釣果には

恵まれず、相も変わらずの葦打ちは、カエルの爆釣

を繰り返す・・・・。

最近釣り人が増えたせいで魚のスレが早まったか?

減水が早いのか・・・・??

原因は数々あるが、いずれにしても釣り人側ではどうすることも

できず・・・・

必然的に無茶なポイントまで攻める事で、タックルのロスト

も昨年の比ではなく・・・・

中古釣具店での激安品をあさりまくることになる。

そんな中、ようやく釣れたのは

30センチほどのバス・・・

image23.jpeg

そして6月の釣り終了・・・となりました。

あまりの貧果に呆然としつつ、懲りずに7月も通い続けるが

これまた、アタリ1発バラしたのみでボウズの連チャン・・・

来週は見切りをつけて河岸替えしようかとも考える始末。

そんな中、最近始めたのがロードバイク。

新品は当然手がでないので、中古の良いものでも・・・

などとリサイクルショップを探しまくるが良い品物どころか

結構使い込まれたものまでなにげに高い。

ようやく見つけた良品は・・・・・なんと・・・・

色が・・・・・・・ピ・ン・ク・・・(汗)

スペックを見ると、初心者向けロードバイク(ロードレーサーと

はけして言っていない)となっており、入門によさ気な品物。

しかし物は考えようで、これだけ目立てば、車も気をつけるか?

恐る恐る女房に切り出すと・・・・

「いい色じゃん」・・・??????

であっさり購入決定。

image24.jpeg

釣れない鬱憤を発散すべく、休みの度に少しずつ距離を伸ばして

いる今日このごろ・・・です。

posted by gemini_1961 at 16:15| 茨城 ☔| Comment(4) | バス | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

今季お初にございます♡

ど~しても雷魚が釣りたい・・・・

昨年は雷魚が一発目だったこともあり・・

雷魚求めてО池へ。

本日は午後からの用事があり、10時自宅出発。

何時もの芦原を釣り下るが、カエルの反応のみで

魚の反応は全くなし。

駐車場前のボサまで探って上流側へ。

こちらは先ほどより魚のライズもあり気にはしていた

のだが、こういうパターンって、意外に釣れない・・

事も事実。

葦打ちタックルの強みを生かし、葦の中にワームを

ブッコミ、水面そばでチョンチョン・・・を繰り返す。

こちらも全く反応なし・・・・

最上流に近ずく直前、先ほど探った葦際でドバッっと

派手なライズが発生。

半信半疑で対岸の葦際へザリを放り込む。

こいつはうまい具合に、対岸の木の枝の先っちょにラインを

ひっかけながらワーム本体は水面へ着水。

image19.jpeg

水面近くでワームを動かすと・・・・

『コンッ』・・・・『コンッ』・・・

木の枝越しのせいもあり妙な魚信?が。

ガボッでもなくグイーッでもなく、ドバッでもない

ギルか、小バスのようなアタリ。

一かバチかの鬼アワセをくれると、予想に反してゴツンッ

の手ごたえ、周りは葦だらけのため、竿を立ててゴリ巻き

ゴリ巻きでリールを巻くと・・・・

ガバ、ガバと水しぶきを派手に上げるが、こいつ泳がない?

暴れるだけの魚を手前の葦をかわすため水面を滑らせると・・・

大きさはさほどではないが、見事なまだら模様はまさしく期待の

雷魚・・・・(´;ω;`)

オープンの水面でしばし引きを楽しもうとするが、魚はすでに

やる気ゼロ・・・

ラインをもって抜きあげたのは

image18.jpeg

ちょうど50㌢のスリムな雷魚。

この魚って一匹ずつ模様が異なり、こいつは顔が別嬪さん

image16.jpeg

しばし見とれた後リリースとなりました。

時刻は12時ちょと過ぎ。

腹も減ったしここで納竿となりました。

最後に本日頑張ってくれた最近のお気に入り

image17.jpeg

ドライブクロ―5㌅の雄姿・・・です。
posted by gemini_1961 at 19:03| 茨城 ☁| Comment(2) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年06月02日

やっとこさの一匹

今週は私用もあり週休3日。

29日火曜日・・・

午前中はおふくろの医者のため午後よりО池へ

全くアタリもなく爆沈・・・

6月1日金曜日・・・・

先日の反省より午前中の釣行を行うも、先行者

5人がほど・・・・・ってか平日なんですけど?

って感じでまたしても轟沈。

そして本日。

午前中の法事をすまして午後一時過ぎ帰宅。

部活を終えた次男を誘っての今週3度目の釣行。

子供にマイポイントを託して、芦原中流から釣り下る。

が・・・魚の気配は全く感じられず・・・

初めてのベイトリールに苦戦する次男を釣りやすい下流

方面へ誘導した直後・・・

岸辺の葦際に落としたラインが結構なスピードで沖に走りだす。

手元のストックラインを送り込んだだけで思い切りのアワセ。

でヒット・・・・

・・・・・ン?

デカい・・・か?


暴れる魚はバスらしく、少々様子を見るが、ブッコ抜き可能

との判断でブッコ抜く。

岸辺の葦の上を飛び越した魚は、結構でかい。

image15.jpeg

で、今季一番の44センチ。

実をいうと前回の釣行で、雷魚らしきアタリを感じていたため

下流域を流すが、今日は土曜日ということもありノーバイト。

最上流に向かった次男もノーバイトのため午後3時半納竿となりました。

今年は風が強い日が多ためか、の~んびり昼寝中の雷魚に会える

機会もなく・・・・・

ぜひとも雷魚にお会いしたい・・・・今日この頃です・・・


posted by gemini_1961 at 20:27| 茨城 ☀| Comment(2) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

シーズン到来~ ~。

ボウズ続きの昨今・・・

ようやく気温も安定し、チャンス到来か?

と思ったのもつかの間・・・・

今日の休みは、女房&おふくろの付き合いで午後4時

ようやく解放。

女房の付き合いでうろついていた水戸市内。

偶然見つけた、すてねこさんご推薦の中古釣り具店

『ポップ・エム』で購入したドライブクロ―5”を引っ提げて

いざ、О池へ。

少々風が強いが、先行の釣り人もなく、釣場は貸し切り状態。

最もそれ以前の状況は不明だが、気合十分には違いなく・・・


何時もの芦原に車を止めて、葦打ち開始。

風が葦を揺さぶり、ルアーの着水音もよくわからない中、ポイントは

下流に移り岸際のボサをたたいていた時。

何時もの明確な『コンッ』というアタリとは少し異なる『モソッ』と

したサワリが・・・・

例によって手持ちのラインを送り込み様子を見ると、竿先にも重さが

伝わりだす。

クラッチを入れて、ラインを巻き込み、水面近くまで送った竿を

『ガツンッ』・・・・地球の感触がズシリ・・・

根がかったあk・・・と思う間もなく、魚の気配が・・・・

ナイロン8号の力を信じてさらに竿先をあおると・・・

『スポンッ』と何やら抜けた様子、勢い余って府飛び出したのは

今年2匹目のバス、33㌢

image14.jpeg

写真を撮ってリリース、その後は駐車場近くまでアタリなし。

ここで釣り人を見たため、釣場を移動。

芦原の上流側から釣り下ることに・・・・

時刻はちょうど5時。

数投すると、芦原の中にぶち込んだラインがスルスルとひき込まれる。

思い切りアワセると、先ほどとは比べられない重量感が・・・

暴れる魚をブッコ抜くと・・・

image13.jpeg

何時ものレギュラーサイズ41㌢の腹パンバス。

ここで女房からTELがあり緊急帰投。

一時間少々の釣行でしたが、久々のヒットとなりました。

ちなみに今日のヒットルアーは

image12.jpeg


先ほど購入の『ザリガニ』でした。

芦原にぶち込むには、少々重さも足りず、抵抗も多いルアーですが。

やはりこれ系は釣れますね~。

少々壊れやすいのがけってんですが・・・・(´;ω;`)


posted by gemini_1961 at 21:40| 茨城 ☀| Comment(2) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

意地の一発

一週間の休暇の間・・・・

天候不良など、もろもろの条件の悪化でボウズの

連荘・・・・・

そして本日はフツ―の休日。

気温も上昇、天候もまずまず・・・・

午前中は、天井の換気扇の掃除などしながら水温が上昇し

午前中の釣り人が引き上げる時間を待つ・・・

1時30分・・・そろそろいいか?

自宅出発・・・15分後釣り場到着。

芦原の木陰に車を止めて釣り開始。

自分のほかに釣り人は皆無・・・ラッキー💗

何時ものポイントをいつものように葦打ちで攻めると・・

さすがに今日は魚の活性も上がっているようで、水面を割る

水音も盛んにあがる。

今年の初釣果に期待十分で気合も十分・・・・

たぶんカエル・・・だけど魚のバイトだったら系のアタリで

慎重に合わせをくれて・・・・カエル(しかもデカい)×2💦

実は、今日のルアーはカエルのえじきになりにくい少々大き目の

ルアーを使用・・・・

必然的に、中途半端なカエルでは咥えることも出来ず、ミスバイトで

フッキングに至らず、ヒットすれば・・・ビッグフロッグという落ち。

そんなこんなで、駐車場の前の芦原まで探るが、魚はノーヒット。

気分を入れ替え、今度は上流側へポイント変更。

タックルも軽量スピニングタックルに変更して岸際を中心に対岸の葦

際まで探る・・・・最上流の流れ込みまでノーバイト。

流れ込みには・・・・ブットい鯉が一匹・・・・

これではだめだと、あきらめて車まで戻るが・・・

最初に攻めた葦原がどーしても気になる。

再びベイトタックルを取り出して葦のなかへルアーを落とす。

http://jemini-0606.up.seesaa.net/image/image10-thumbnail2.jpeg

実は今日はケータイ忘れて、写真が撮れず・・・・

先週の画像を使ったが、アタリはまさしくこの中で発生。

少々沖合に振り込んだルアー(葦の中を転がり落ちる感じ)の着水音の後、

ルアーの重さを感じる程度に上げた竿先にコツンッとアタリが・・・・

手元にある、ストックラインを送り込み、竿先を下げながらフリーにした

ベイトリールからラインが送り出されるのを見ながら数秒。

ハンドルを回してクラッチを入れ、竿先を下げ、ラインのたるみを取る。

竿先を葦の中に突っ込み、魚との距離を詰め・・・思い切りガツンッ。

で・・・もろにヒット・・・・

リールを巻けるだけ巻き込み、一気に魚をごぼうぬき・・・

葦の中から吹っ飛んできたのは・・・43㌢のバス。

少々痩せてはいるが、きれいなバスでした。

メジャーで計測後、リリース。

時刻は3時30分チョイ過ぎ。

撤収時刻まであと数分はノーバイト10分ほど後納竿となりました。

本日使用のタックルは


http://jemini-0606.up.seesaa.net/image/image11-thumbnail2.jpeg

昨年よりのメインタックル、アブベイトの500番とバスプロショップの

7f6inのヘビーアクション、ルアーはバック・スライダ―4”でした。


今週の天候は夏日が続き、魚の活性も益々あがりそうな気配が濃厚。

いよいよシーズン到来・・・・でしょうか・・・、




posted by gemini_1961 at 19:01| Comment(3) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

ご無沙汰しております・・・・(^O^)

ここのところ・・・仕事が忙しいのも事実だが・・・

釣り物が全くないことも大いに問題で・・・

つまるところ・・・ブログも開店休業状態。

釣りには何度か出かけるが、タナゴ狙いにボソの猛攻。

鯉釣りに行けども、アタリもなし・・・

О池に行けば・・・・水がない・・・・

海はといえば、稚アユも不振で、カレイなど姿も見えず・・

全くもって八方ふさがりの今日この頃・・・💦

そんな中、無情にもいつもの7連休の時期になり・・・

連休初日・・・・

日曜日の休日ともあって、せがれたち二人とО池に出陣。

天気は良いのだが、GW中いじめられまくった魚はオープン

の水面などにはいるはずもなく、必然的に葦打ちの釣りとなる。

少々水量が少ないのが気になったが・・・結果は

http://jemini-0606.up.seesaa.net/image/image1_LI-thumbnail2.jpg

の連荘・・・・(笑)

魚の活性はそこそこありそうだし、今後に期待・・・・・

等と思ったのもつかの間・・・・

翌日からは大荒れの天気・・・・雨どころか風まで強く、さらには気温も↓

なんとしても一週間のうちに一匹・・・・

意地で釣行を繰り返すも、月曜日、火曜日・水曜日そして本日、木曜日・・・・

魚のアタリは全くなく、バイトらしきものはすべてカエル。

釣っている場所も問題なのだが・・・

http://jemini-0606.up.seesaa.net/image/image10-thumbnail2.jpeg

釣り人が増えたこの池では高級タックル、ルアー、PEラインが常識。

そんな釣りに付き合っていられない輩としては、必然的に人がいないポイント

狙えない場所を釣ることになり・・・・

何時ものタックル、いつものメソッドにならざるを得ず・・・

むなしい結果となりました。

のこり二日は、予定が入っており、釣行は少々疑問であり・・・・

2018年のブログ更新は果たしてどうなるのか?

全く予想も茎ません・・・・・

今後の天候次第・・・・なのでしょうか・・・・?



posted by gemini_1961 at 19:09| Comment(4) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

霞が浦タナゴ釣り・・・第3弾

今日の天気は・・・晴れ予報?。

気温も上がるようだし、釣行決定。

暖かくなる時間を待ちゆっくりの自宅出発。

午後1時近くに釣り場到着。

へら師は多いがタナゴ釣りは皆無。

何時ものホソで釣り開始。

昨日の反省から、今日は豆バラ仕様の軽量仕掛け

&カーボン竿で数釣を狙う・・・・が・・

底近くでヒラウチはあるもの、アタリが・・ない。

餌は餌持ちを考えて、グルテンα21を使用したが

これがいけなかったか・・・仕掛けのせいか?

image9.jpeg

バランス状態の浮きの調節を、シモリバランスに

変更して、ゆっくりとシモラセながら誘いをかけると

ようやく少しずつアタリが出始め・・・

何時もの豆バラを数匹上げると・・・

親浮きまで引き込む大きな当たりで釣れたのは

『マタナゴ』?

お久しぶりです・・・・珍し・・・

その後も豆バラ数匹とマタナゴ1匹を追加した

ところで・・・・

一昨年にはなかった珍事が・・・・

シモリがそこにつくとなんと

image8.jpeg

バルタン・・・

そして底近くでは

image7.jpeg

ボソの猛攻・・・・

さらには小鮒まで混じりだし収拾なつかない

状況に・・・・

2時間ほど釣ったか・・・・これ以上は時間の無駄と

判断して3時過ぎ納竿となりました。

釣果は少なかったが(外道の嵐除き)久しぶりの

マタナゴも釣れたし、そこそこ満足・・

image6.jpeg

一円玉右上の細長いのがマタナゴ?

それにしても次はどこに行くべきか・・・

餌はどうするか・・・

仕掛けはどうするか・・・・

竿の選択も含めて暫らく悩めそうな釣行でした・・・
posted by gemini_1961 at 18:49| Comment(2) | たなご釣り | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

暖かさに誘われて・・・霞タナゴ釣り

2月も半ば・・・

だんだん気温も上昇し?

今日は妙に暖かい・・・

午前中にルーティンをこなし

午後2時自宅出発、30分ほどで釣り場到着。

まずは先回アタリのあったドックへ・・・

暖かいと思ったはずが、霞はもろに風を受け

・・・・・結構寒い。

暫らくあちこちつつきまわすが、アタリはなく

釣り場移動を行う。

風があるためドックを中心に湖岸を流すが、タナゴ

釣り師の姿はなく・・・

いつの間にか一昨年に通い詰めた釣り場へ到着。

水深が浅いため、当時はヒラウチが良く見られたのだが

今年の様子ではそれも見られず、期待薄。

仕方なく竿を出して様子を見ると・・・

水深が深い・・・

そういえば水の量がかなりある。

しかも早速小物のアタリが・・・

image4.jpeg

寒さのせいかアタリは小さく、一番下のシモリが

横に触れる程度のアタリが続く。

やがて数匹のタナゴ釣ったところで日が陰り・・・

寒ッ・・・・根性なしの撤収となりました。

正味30分ほどの釣りとはなりましたが。

とりあえず型だけは見られたか・・・

しかし、豆バラとはよく言ったもので。

image5.jpeg

これでは釣るのも一苦労。

当日の仕掛けは

image3.jpeg

自作竹竿と仕掛けでした。

帰宅後・・・・

当然このままで済むわけもなく・・

次回の仕掛けを準備。

image2.jpeg

極小タナゴ針を研ぎだして

image1.jpeg

絹糸100番のハリスを結び・・・

とりあえず本日はここまでで終了。

餌は黄身練りを使用しましたが、豆バラには

餌持ちも悪く、大きすぎもあり・・・

次回はグルテンを試してみるつもりです。
posted by gemini_1961 at 19:07| Comment(2) | たなご釣り | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

2018百里基地アグレッサー・・・PART3

さすがにこの寒さでは・・釣りは・・無理。

しかし、少々の時間なら耐えられそうな気がして

・・・朝7時半自宅出発の百里参りへ・・。

目的は言わずもがなのアグレッサー御一行様。

残すところあと数日の滞在予定では自分は今日が

最後・・・のチャンス。

ということで、8時過ぎ今日の撮影ポイント・・

RW(ランウェイ)21エンドの駐車場到着。

すでに満車の状態で、他のカメさんもやる気十分。

朝のこのポイントは南に飛び立つ飛行機が順光で

撮影ができるため、朝の人気ポイント。

待つこと40分、常連さんの4機飛びますのお声がけ

とともにまずは1機目

2018百里アグレッサー.jpg

2機目・・・

IMG_3352.jpg

3機目は・・・

IMG_3356.jpg

こんな低空から

IMG_3370.jpg

目の前ドアップで・・

最後の4機目

IMG_3385.jpg

ご馳走様でした・・

そして待つこと数分・・・残り3機が

IMG_3406.jpg

IMG_3425.jpg

IMG_3447 (2).jpg

と、合計7機すべてが離陸・・・

もう食べられません満腹です・・・

撮影開始時刻8時56分、撮影終了9時5分。

わずか9分間でしたが、背中もバッチリ見られたし

本日は、大満足な結果となりました。

最後に本日の撮影データ・・

カメラ キャノン イオスキス X7
レンズ キャノン EFS55-250mm
絞り  F8
シャッタースピード 1/1000
ISO 400
のマニュアル設定
スタビライザー AIサーボはON

での撮影でした・・・


posted by gemini_1961 at 14:25| Comment(2) | 百里基地 | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

2018百里基地アグレッサーpartⅡ

先日からの百里参り。

じつは、狙った対象が撮れるまで・・・・

超暇なのがこの道楽の世界。

とりあえず飛んでるものは・・・撮ってみる。

と・・なかには興味深いものもあり・・・

タッチダウン前のU-125A

IMG_2667.jpg

一昔前の列車よろしく、なんとドアオープン!

カエルとオジロの巣かと思えば

IMG_3021.jpg

金鷲や

IMG_3312.jpg

ドラゴンが潜んでいたり・・・

なんでもこの迷子?達は小松の子。

大雪を避けているうち、帰れなくなったのか??

そういえば、今日出会った外人さん・・・

ロンドンからわざわざ飛行機を撮りに来たプロの

カメラ屋さん・・・

盛んにF4・・・F4と言っていたが・・・

こちらには珍しくもないF4も、今では稼働している機体

もほとんどなく、見方によっては超レアもの・・・

IMG_3049.jpg

たしかに、ターボジェットのエンジン音といい迫力は

かなりのもの・・・・・・

でもって、本日のメインディッシュの『アグ』ですが

先に飛んだ3機はほとんど捻りなし・・・つまらん・・

しいて言えば

IMG_3238.jpg

絵になるのは、これぐらいか・・・

そしてあとから飛んだ後発部隊は・・

やってくれました。

IMG_3290.jpg

IMG_3267.jpg

IMG_3250.jpg

バーナーリングも鮮やかにベイパー引いての

ど派手な離陸。

本日も、天候にも恵まれそこそこの収穫。

もしかしたら、『アグ』は来週もご滞在かもしれませんが

とりあえず今日にて百里参り終了となりました。
posted by gemini_1961 at 13:31| Comment(2) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

2018百里基地アグレッサーご来店

このくそ寒い中・・・

できれば出かけたくはないのだが・・

友人の話では百里に飛行教導団の通称

『アグレッサー』が来ているらしく、撮影ポイント

にはパトカーの駐禁取り締まりまで出ている騒ぎ。

で、ここは一発、チャレンジ・・・・ってことで・・

朝7時起床、ゴミ捨て、犬散歩をすまして9時

前には自宅を出るが・・・・

今日は上りが早かったらしく、お目当てはすでに

空の上・・・・

ならば着陸を・・・・今度は滑走路北のはずれに

移動。

こういう時はバイクってホントに便利。

混雑する駐車スペースの隙間にちょいと突っ込み

降りてくる通称『アグ』を狙う・・・

写真は撮れたが・・・・イマイチ面白さがなく

・・・・用事を済ませた午後に再チャレンジを

決めて、いったん退散。

用事と昼食を済ませた12時、今度は早めに自宅

出発。

さすがに今度は寒さに耐えられず車での参戦。

駐車場も今なら空いており、余裕で駐車して

『アグ』の離陸を待つ・・・・

やがて、F15の離陸があり、捻りを撮った後

今度はかねてから狙いを付けていたポイントへ

サッサと移動・・・・

で先ほどの『アグ』の画像をチェックすると・・・

逆光ではっきり確認できなかったこととはいえ

写っていたのは・・・306の金鷲。

IMG_2892.jpg

・・・・・これはこれで貴重なのだが・・・チョット

残念。

ツー事は、降りてくるのは当然・・・・なのだが

IMG_2927.jpg

今回は、やってくれました💗

フォーメーションアプローチ・・・・

絵にはなるが、『アグ』ではこの角度って?

イマイチ疑問・・・

少し場所移動して、『アグ』の降りを待つ。

で・・・・やっとこさフライパスの後・・・

ドアップで『アグ』登場。

IMG_3186.jpg

IMG_3171.jpg

IMG_3154.jpg

2018百里アグレッサー.jpg

何気に、常連の『ガメラ』・『青みどり』以外は

新塗装❓らしいが、次々と着陸。

一日ねっばった甲斐もあり・・・

本日の予定終了となりました。

posted by gemini_1961 at 17:55| Comment(4) | 百里基地 | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

2018初釣行

暫らくご無沙汰の当ブログ・・・・

年末年始の多忙さに加え、ウン年ぶりの風邪を

ひき・・・・年始早々の活動自粛状態が続き

・・・・

ようやく体調が復活したのが数日前。

本日は天気も良く、安近短の釣りならと模索したのが

霞のタナゴ釣り。

ちょうど風邪ひきの最中にしつらえたタナゴ竿も一本

あるし、シェイクダウンにはもってこい・・・

犬の散歩を済ませ、午前10時半自宅出発、11時過ぎ

釣場到着。

目星をつけていた場所には先客が2名・・・・

アタリは結構あるようなので、挨拶をして少し離れて

釣り座を構えて釣り開始。

最初はカーボン製の自作竿にて様子見・・・

アタリはある・・・

で・・・数投目に本命のタナゴが釣れる。

4image.jpeg

そこで今年の相棒となる自作竹竿&自作浮き仕掛け

で本腰を入れる。

3image.jpeg

一時間ほどはポツリポツリだったアタリが頻繁に出る

ようになった正午過ぎ・・・・

やはりこいつらが邪魔しないわけもなく・・・

image2.jpeg

腐るほどいるボソ・・・・

image1.jpeg

寒くても元気なギルの子供・・・・

こいつらを釣るのは、税金みたいなものなので

構わず釣り続けるが、正直タナゴのアタリは少なく

午後1時半の納竿までに釣れたタナゴは8匹。

5image.jpeg

2年ぶりのタナゴ釣りでもあり、初釣りでのボウズ

は逃れたため、暖かいうちの早々の退散となりました。

当日の餌は黄身練り、竿は3尺印籠継の自作竹竿とシモリ

浮き仕掛け

6image.jpeg

霞の水量は多く、水面までの距離も近いため、ちょっと竿が

長すぎの感はありましたが、竿の出来もそれなりに満足。

本日は釣り人の多い、日曜日の釣行でしたが、ポイントを

探すにはちょうどよく・・・

次回は平日に、ほかの釣り場もチャレンジしてみようかと

・・・・思っている次第です。
posted by gemini_1961 at 17:40| Comment(4) | たなご釣り | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

涸沼のイブニングシーバス

好天の本日午前中は庭の芋掘り・・

http://since-heisei-20.seesaa.net/?1509620489

そして一日のルーチンを3時までに終了して・・

午後3時50分自宅出発。

ホントは海まで行きたかったので、タコ、ショアジギ、シーバス

の3種類のロッドを準備して釣り場に向かうが・・・

夕暮れが予想より早い・・・海は無理か・・・

やむなく行き先を涸沼に変更して広浦に到着。

シーバスロッドを用意して、ベイトの様子をうかがうと・・・

確かにイナッコらしきベイトが多数。

キャンプ場の小さな流れ込みでキャストを開始するが・・・

シーバスらしき気配がない。

・・・・にしても夕暮れがきれいなので写真を撮りながら

KIMG0677.JPG

・・・筑波山

KIMG0680.JPG

湖面に映る飛行機雲・・・

KIMG0683.JPG

チョットホテルカリフォルニアっぽい?

キャンプ場からの眺め・・

等と遊んでいたが・・・・

なんか少し上流側が騒がしい。

隣の釣り人を遠巻きにパスして50Mほど移動。

こちらばベイトが岸寄りに群がり、ルアーにも

反応して逃げ回る・・・

もしかして、シーバスに追われている群れか?

派手なボイルはないものの、何か水面がざわついている

・・・・所の先に・・・キャスト・・・・

リールを数回転・・・で・・・・・ゴツンッ・・・

ヒット。

先日のシーバスほどではないにしろ、エラ洗いを繰り返す

魚は、まさしくシーバス。

暫らく引きを楽しんだ後、岸にずり上げて写真どり、計測

1509616289356.jpg

・・・そしてリリース

居付きっぽい53㌢の少々小ぶりな魚でした・・・

時間は5時。

すっかり日の落ちた湖面にルアーを投げ続けるが・・

時々起きるボイルを狙うが・・・・ノーヒット。

すっかり暗くなった6時納竿となりました。

台風の後、数度来てはいたのだが、余りの増水にテンション

が上がらず、竿も出せなかった。

つくずく、釣場の条件が重要だと思い知らされた最近の釣行

でした・・・
posted by gemini_1961 at 20:32| Comment(2) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

2017航空観閲式…27日練習編

期待していた休暇も無事?・・・終了

毎日が雨三昧で何も出来ず。

22日に予定されていた閲覧式の予行練習も

台風の影響で・・・・当然・・・中止。

休み明けて出勤の準備をしていた26日、百里の

方が騒がしい?

なんと、前日にブルーが来たらしく・・・

もしかして急遽予行が決行?

案の定、各種機体の航過飛行含めブルーのフライトも

実施されたらしく、ネットは大賑わい・・・💦

でもって、本日は一日置いての休日・・・

悔しくてたまらず、休日ルーチンを早々にこなし

朝10時百里へ出発、足は当然バイクを使用。

こんな時間に行こうものなら、車を止めるスペース探し

で貴重な時間をロスしかねない、その点バイク(125cc)

ならちょいと失礼で隙間に放り込める。

通称、山川門ポイントにバイクをねじ込み、撮影準備。

ちょうどランウェイをF2、F4、F715が2機ずつタキシング

ってことは、機動飛行開始?

排気音とともに最初に飛び出したのは『F4』・・

そして・・・『F2』・・・いきなりハイレートクライム。

しっかりベイパーまで引いて垂直上昇から頂点でロール・・

派手にかましてくれました・・・で『F15』もテイクオフ。

先日の事故のせいかF4は少々おとなしめ・・・のフライバイ。

・・・でもって何かやらかしそうな『F2』

IMG_2068 (2)_1.jpg

目の前でいきなりひねってのブレイク・・・

そして機動飛行・・・

IMG_2101_1.jpg

完全に逝っちゃてます。

最後に大御所の『F15』

IMG_2271_1.jpg

でこの方たちも負けじとど派手にブレイクかまして

IMG_2309_1.jpg

ベイパー引いて大暴れ・・・

で・・・こんなミッションがあった後・・・

先ほどから英語の無線がはいいては来ていたのだが・・・

なんと・・・

IMG_2332_1_1.jpg

米海兵隊(たぶん)の『オスプレイ』の登場・・・💦

そんなこんなで午前の部は終了・・・したが。

このポイント・・・実は午前中は逆光ポイント。

式典に合わせて飛行すると、当然一番近くで見られるのだが

案の定画像はものの見事に逆光状態。

でもまあ、結構レアなものまで見れたし、機動飛行は堪能

出来たし、良しとするか・・・

ところで、本チャンの29日・・・

天候はあまりよろしくなく。ブルーも期待薄。

昨日の予行は逃しましたが、貴重な一日だったのかもしれません。

posted by gemini_1961 at 17:35| Comment(2) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

初めてのシーバス?

例によって季節はずれの夏休み。

台風の影響もあって空は雨模様・・・・

天候の回復を待ってもいられず、釣りに出かける。

今日のお目当ては・・・・ちょっと背伸びして

シーバス。

餌釣りなら何度も釣っているのだが、ルアーでの釣り

では、全くのボウズ続き・・・

数年前に購入したシーバスロッドとリールのセットも

お蔵入りの状態。

せっかく一週間の休みがあるのだから何とかこの期間に

一匹釣る・・・のを今回の休暇の目標にして釣行に至った

次第・・・

朝10時過ぎ自宅出発・・・

まずは先回ハゼ狙いの時にかなりのボイルがあった涸沼の

広浦周辺をチェック。

ベイト全くなし、当然ボイルの気配もない。

覗くだけで、次の目的地、大洗駅近くの公園裏の涸沼川へ

・・・流れビュンビュンで、シジミ取りの船が数隻・・・

当然ここもボツ。

やむを得ず、第二ターゲットの『タコ』狙いで大洗港へ向かうが

明太パーク裏は、もろに工事中。

第四ふ頭へ向かうが、こちらは馬鹿でかいサンフラワーが接岸中💦

釣る場所が全くない・・・・

やむなく引き返し、今度は涸沼の網掛公園に・・・・全くベイト無し。

・・・しばし休憩・・・・

流れの止まった大洗駅裏の涸沼川がどうしても気になり(この辺は

干満に2時間の遅れがあり、潮どまりがチャンス)・・・

暫らくルアーを投げ続けるが魚の気配無し・・・

再度ベイトを求めて涸沼本湖へ・・・

広浦・・・・あいかわらず・・・ベイト無し・・・

湖岸に沿った細い道をゆっくりと流すが、時々見える涸沼には

魚の気配は全くなし。

あんまり期待せずに寄った親沢公園は・・・・ベイトの気配あり。

が・・・キャンプ場にはテントが一張り・・・・

キャンパーがいるときはその場を外すのがここの暗黙のルール。

時刻は午後2時、親沢の鼻の右側に移動してルアーをキャスト・・・・

ベイトらしいイナッコが数匹跳ねる中の3投目・・・・

よそ見しながらリーリングしていると、いきなり『ゴンッ』

反射的にアワセをくれると、ゆるめに設定してあったドラグ

が滑り出しラインが出ていく・・・

初めてのヒットということもあり、魚の大きさがよくわからず

少しそのまま様子を見てみるが、この調子ならリールを巻けそう

なことに気が付き、リーリング開始。

結構沖目で、障害物皆無の状態でヒットしたこともあり、十分

引きを楽しみながら寄せてくるが、ドラグの設定が弱過ぎる。

チョット魚がしめ込むと、簡単に糸が出ていく・・・

徐々にドラグを締め、竿さばきで対応できるまで引きを楽しみ

最後は砂浜にずり上げる・・・・

上がったシーバスは60㌢オーバーの腹パンのきれいな魚。

1508487227147.jpg

写真を撮ったあとリリースとなりました。

その後1時間ほど釣り続けるが・・・・結果はノーバイト。

雨も降りだした午後3時納竿となりました。

今回の使用タックルは

ロッド・・メジャクラPEエボ 9f6i ⅯⅬ
リール・・ダイワレガリス3000H
ライン・・PE1.5+ナイロン20£
ルアー・・マグネットシステム F

初めてルアーで釣った『シーバス』はさすがに海の魚。

雷魚やバスとは異なる釣味に十分満足・・・

休暇中あと何回釣りに出かけられるか、果たしてヒットは

あるのか・・・

単なる、マグレ・・・にはしたくない結果となりました。








posted by gemini_1961 at 18:49| Comment(4) | セイゴ | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

2017涸沼ハゼ釣り

台風明けの穏やかな天気の中・・・

彼岸も近く、午前中はお墓の掃除。

庭の畑をちょっと耕し、石灰、化成肥料を撒いて

秋撒きの野菜の下準備・・・

昼食をとって、時間は午後1時。

今年は好調らしい涸沼のハゼ釣りに出かける。

今年は初めてのため、湖岸沿いに狭い道を走るが

・・・・全く釣り人の姿はなし。

やがて自然公園を過ぎ、本命と見た広浦漁港へ到着。

エサを購入して(結構高い、これで500円?って感じ)

場所を探すが、防波堤を含めて満員・・・

秋の月のキャンプ場に車を止めて場所を探すと・・・・

ボート置き場に若干の空きスペース。

時間も時間だし、これからの出船もなさそうなので、ここで

釣り座を構える・・・

1505816792189.jpg

正味2時間ほどの予定なので、磯竿1号3mを二本

イスと、水、ケーキの発泡に仕掛けを突っ込んだお気楽

仕様・・・・

胴付き仕掛けに浮きを付けるワカサギ釣りスタイルと

全遊動の中通し一本針仕掛けの二本を投入・・・

・・・・アタリは・・・・めちゃある・・・

はっきり言って一投に一回、当たらなければ餌がない。

くらいに凄い・・・

ただし・・・・型は10㌢ほどが多く、かかりはすこぶる

悪い。

餌付け・・投入・・・ズル引き・・・アタリ・・・アワセ

を繰り返す。

二時間後・・・餌切れもあり納竿を決定・・・

家に帰って数えると・・・結構釣ったように思えた

ハゼは・・・全部で24匹。

この大きさでは天ぷらは無理そうで・・・・

腹開きの後、から揚げとなりました

1505816775850.jpg

頭まで割ったためか、骨までやわらく揚がり、家族にも

好評・・・・

ということで・・・・

これから出かけるかたに・・・

竿は柔らかめがよさそう、ルアーロッドや投げ竿ではアタリ

が取りずらく、食い込みが悪そうな感じ。

えさも青イソで十分だが、たらしは短く、長めはばらしが多い。

上げ潮時は意外とそばに寄ってきており、延べ竿の浮き釣り

が手返しもよさそうで数釣が出来るかも・・・

遠投の必要はなく、錘2~3号のチョイ投げで十分。

ただし、ハゼ好調の情報も多く、平日でも釣り場は混雑。

県外組も多いせいか、納竿時間は早そうなので、夕方の

ワンチャンス狙いが正解かもしれません。

これからが彼岸ハゼの本格シーズン、まだまだ楽しめそうな

涸沼でした。
posted by gemini_1961 at 20:28| Comment(2) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする